マジックバイオくん詳細

> TOPページ >> 環境事業 >>> マジックバイオくん詳細


私たちの食生活から出る生ゴミとは、どのようなものでしょうか?
成分的に見てみますと、米・パンなどの炭水化物、獣肉・魚肉などのたんぱく質、野菜類などの繊維 質・・・。
これらはみな、有機物です。 有機物は、バクテリアによって分解されます。
山林や河や海の動植物はその生命を終え、やがて土に還ってゆきます。
これは、土中・水中のバクテリアが、動植物を形成している有機物を分解し、カロリーと栄養分を得 ているのです。
そこから得たカロリーで活発な活動を始め、得た栄養分から細胞成分を合成し、バクテリア自身の繁 殖が行われます。
ここまでは人間の生命維持活動と似ています。 異なっているのは、バクテリアは自身の活動と繁殖のために、
有機物からカロリーと栄養分を得、後 は水と炭酸ガスに分解して大気中に放出します。

 

1.投入物(生ゴミ)

2.生ゴミ投入後 2回転

3.投入後 20分経過

4.投入後 40分経過

5.投入後 1時間経過

 


※ 無機質にあたる成分は菌体の中に蓄積されていきます。
※ 肉や魚ばかり等、偏った投入を行うと処理能力が低下します。1種類のみは全体の30%以内にして下さい。
※ 生ゴミ投入の際は水気を切ってから投入してください。過剰な水分は菌体の劣化を招きます。
※ タバコの吸殻や爪楊枝など、生ゴミにどうしても混入するというものは最小限に抑えてください。
※ 脂肪分の処理には時間がかかります。(大量投入はできません)

 

 

 

 


 

 


環境事業に戻る